スポンサーリンク

【初春】2月上旬〜3月上旬につかえる茶杓の銘(季節のことば)

今回は2月上旬〜3月上旬、
旧暦では春が始まるこの時期に、
銘にできる言葉をあつめてみました。

(二十四節気では「立春」「雨水」のころ) 

東風(こち):春の季語
東から吹いてくる春を告げる風、
凍てを解く風、梅花を咲かせる風として歌のなかで読まれています。
「東風吹かば匂おこせよ梅の花あるじなしとて春を忘るな」菅原道真は有名な歌。

初音(はつね):春の季語
年初めに聞く鶯やほととぎすの鳴き声。

鶯(うぐいす):春の季語
春告鳥(はるつげどり)、初音、鶯笛(うぐいすぶえ)。
など、鶯は春の訪れを告げる鳥という意で新春にはよく使われます。
梅と鶯というモチーフは、春のさきがけ。

春霞(はるかすみ):春の季語
おなじ空気中の水蒸気でも、春には霞、秋には霧と呼び分けます。
夜になると「朧(おぼろ)」という表現に。
他にも朝霞、夕霞、薄霞など。

春寒(はるさむ):春の季語
立春が過ぎた後の寒さのこと。
同じような意味で「余寒」という言葉もあるが、春寒の方が春を待ち遠しく感じる気持ちがこもっています。

他にも、春告魚・梅日和・蕗の薹・ 雪解 など

  

茶杓とは?

茶杓とは茶道で使う道具。
茶器に入ったお茶をすくって、お茶碗に移すときに使います。

お茶道具には、お茶碗や茶杓などに銘がついてるものがあります。
お茶会などで使われる道具には大体銘がついています。
作者の想いだったり、道具の形に由来していたり、季節のものだったり。

お稽古では、銘を自分で考えてつけます。
これは季語や和歌に歌われるような言葉や、
禅語を覚えるための良い練習になります。

季節のことばについては、以下の書籍を参考にしています。

さまざまな季語の本がありますが、「二十四節気と七十二候の季節手帳」は、きれいなイラストと、書かれていることばの解説が丁寧なので好きな本です。

「茶の湯の銘 大百科」はその名の通り、百科事典としてお茶をしている人なら手元に置いておくと参考になる書籍です。
五十音順、月別、道具別、四季別と、銘の引き方も多く、ぱらぱら見ているだけでも美しい日本語を知れて勉強になります。

スポンサーリンク