スポンサーリンク

初夏の花・紫陽花

日本原産の落葉低木で、花材としては江戸時代から用いられてきた歴史のある花です。

江戸末期、ドイツ医師のシーボルトがヨーロッパにアジサイを持ち帰りました。
それを品種改良したものが現在の「西洋アジサイ」です。
もともとは日本原産のものがヨーロッパに渡り、品州改良されて逆輸入された形です。

雨に濡れると花びらの色が変わり、梅雨時の風物詩ともいえるアジサイ。
土壌の酸度によって色が異なり、酸性の日本ではブルーが多く、アルカリ性のヨーロッパではピンク系になります。

アジサイは球状のものだけでなく、円錐状のものや個性的な形のものなど形状もさまざま。
小さな花が集まっているようにみえますが、実は花びらに見える部分はガクです。

英名の “Hydrangea” は、ギリシャ語で “水の器” という意味です。

アジサイについて

植物分類ユキノシタ科 アジサイ属
原産地日本、東アジア
和名紫陽花
別名七変化・手毬花
英名Hydrangea
出回り時期通年
開花時期初夏(6-7月)
花色ピンク・青・紫・白・緑 など

アジサイの花言葉

咲き始めから花色がどんどん変化することから「移り気」「浮気」
花色のクールな印象から「冷酷」
花期の長さから「辛抱強さ」という花言葉がつきました。

移り気
冷酷
辛抱強さ
スポンサーリンク