クワズイモ

原産地:熱帯アジア原産

科名:サトイモ科

別名:アローカシア

分類:常緑性多年草

アジアの熱帯に自生するアローカシアの中でも一般的に普及しているのがクワズイモです。
寒さにも暑さにも比較的強く、育てやすい観葉植物として人気。

サトイモ科の植物で、実(芋)がありますが「食わず芋」といって毒性があります。
茎からでる汁も皮膚の粘膜に対して刺激があり、かぶれることがあるため触れない方が良いです。

クワズイモの特徴

✔︎ 大きさは個体差があり、小さなものは30cm、大きなものは3m程にも

✔︎ 大きな葉と太く立派な根が地表に出ていて、インテリアにもなるため人気の観葉植物

✔︎ 熱帯アジア原産のため、高温多湿を好み、日当たりが良い場所が好き

✔︎ 生長が早く、数年に一度は植え替えが必要

✔︎ 花言葉「復縁」別名「出世芋」ということで、贈り物にも選ばれる植物

クワズイモの育て方

◇日当たり
日当たりのよい場所を好みます。
屋内で育てる場合日当たりの良い場所におき、たまに外に出して日光浴をさせてあげると良いです。
5-12℃で冬越しするので、冬は比較的あたたかくして過ごすと良いです。

◇お水
土が乾いたら鉢底から水が出るまでたっぷり与えます。
土が乾いていないのに水をやると根腐れの原因に。
秋以降はクワズイモの活動が鈍くなって水を必要としないため、ほとんど水をあげなくても大丈夫。
年間を通して、葉に霧吹きなどで葉水をしてあげると元気に育ちます。

空気が乾燥していると弱るため、定期的な葉水をして湿度を保ってあげましょう。

◇肥料
春〜秋にかけてがクワズイモの活動時期なので、その時期は10日に1回を目安に液体肥料を与えます。

◇生長速度
生長速度は早いです。
鉢の下から根っこが伸びてきたり、根が窮屈そうと感じたら一回り大きな鉢に移し替えてあげると、どんどん大きくなります。
逆に小さなまま育てたい場合は、春〜夏に剪定をして切り詰めて育てます。

◇花言葉
「復縁」この花言葉があるため、女性にも人気があります。
また生長が早いため「出世芋」の別名があり、お仕事を頑張る方への贈り物としても選ばれます。

スポンサーリンク