シマトネリコ

原産地:台湾からヒマラヤの熱帯地域

科名:モクセイ科

別名:タイワンシオジ

分類:半落葉性小高木

小さく照りのある葉が涼しげで、街路樹や庭木などに人気のあるシマトネリコ。
カフェや雑貨店の店先などでもよく見かける植物です。

観葉植物というか庭木のジャンルにもなりそうですが鉢植えでインテリアにもなるので紹介しています。トネリコの名で流通することも多いようですが、トネリコは本州中部異性に原産する別種。

生長がはやく、日当たりと水が十分ならどんどん大きくなります。

シマトネリコの特徴

✔︎ 生長が早く、自生地では15mにもなる小高木

✔︎ 耐陰性も高いので、弱光の部屋でも育てることができる

✔︎ 生命力が強く放っておくとどんどん大きくなるので、マメに剪定すると◯

✔︎ 花言葉「偉大」「荘厳」「高潔」

シマトネリコの育て方

◇日当たり
耐陰性がありますが、やはり日当たりが良い場所の方が元気に育ちます。
光が足りないと葉色が薄くなったり、幹が間延びして葉の付きがまばらになります。
冬越し温度は5℃以上。

◇お水
生命力が強く、ある程度乾燥にも強いですが、生長速度が早いため成長期にはよく水を吸います。
春〜秋は、土が乾く前に鉢底から水が出るまでたっぷり与えます。
冬は土の表面が乾いてから水やりを。
水切れをおこして枯れてしまっても、葉を剪定して水をたっぷりあげると新芽が出てきます。

◇肥料
肥料がなくても育ちますが、
5月〜9月の生育期に薄い液肥を2週間に1度程与えればOKです。

◇生長速度
生育期に水やり・肥料をたくさんすると、生長が早くなりすぐに大きくなります。
枝が伸びすぎて見栄えの悪くなった株は、枝葉をすいたり短く剪定して下さい。

◇花言葉
「偉大」「荘厳」「高潔」
シマトネリコが属するトネリコ属は共通して「偉大」「荘厳」「高潔」など神々しいイメージの花言葉をもっています。
北欧神話にセイヨウトネリコが出てくることが由来になっているようです。

スポンサーリンク